インプラントを札幌(恵庭,千歳,江別,岩見沢,北広島,石狩,小樽)でするなら

歯科

歯ぐきから血が出る、腫れている

「歯磨きをした時、血がにじむ」「歯ぐきが、前より下がっている気がする」

以前は歯槽膿漏(しそうのうろう)も言われていた歯周病ですが、放っておいても治らいない感染症です。

歯周病とは、歯ぐきの中の歯周病菌が骨の組織にまで進行し細胞を食べて、歯槽骨(しそうこつ)と呼ばれる歯の周囲の骨が溶を溶かす病気です。

ほとんど痛みもなく進行するため「サイレント・ディジーズ」(silent disease:静かな疾患)とも呼ばれ、生活習慣病のひとつとして位置づけられています。

そして、歯を失う原因の一位は「虫歯」ではなく「歯周病」なのです。
そんな歯周病ですが、日本では成人の8割以上がかかっています。
早い段階で治療できるように定期的な歯科医での検診が必要不可欠になります。

歯周病の怖さは歯が抜けることだけではありません。
影響は口の中だけにとどまらず、身体全体に様々な悪影響を及ぼすことが分かってきています。

歯の喪失の原因
出典:厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイト「e-ヘルスネット」

歯周病の本当の怖さとは?
口の中にいる「歯周病菌」は、歯ぐきの毛細血管から入り込むと血液を介して全身に回っていきます。

そのことで下記の病気を悪化させるのです。

糖尿病
嚥下性肺炎
敗血症
心内膜炎
早産
低体重児出産
認知症

では、実際の歯周病の治療ってどうするのでしょうか?

1 診査・診断(レントゲン撮影)

歯槽骨の状態がどうなのか?を把握するため下記検査を行います。
レントゲン撮影:歯槽骨がどの程度失われているか?がわかります
歯周ポケット測定:歯と歯ぐきの隙間がどれくらい深いか?がわかります。

2 プラークコントロール
プラーク(歯垢:しこう)1mg中の細菌は約10億の細菌といわれます。
プラークを専用の薬で染め出し、どこについているのか?を細かくチェックし、専用の器具を使って取り除きます。

3 スケーリング(歯石除去)とルートプレーニング

プラークが取れお口が清潔になると、歯ぐきは引き締り腫れも治まり色は健康的なピンク色になります。
この状態で、スケーリング(歯石除去)やルートプレーニング(深いポケット内の歯石を取る)を行います。

4 メンテナンス

治療後の状態を維持するために、定期的な検診とクリーニングをおすすめします。
日頃の歯磨きで取れない歯のクリーニングは、専用器具を使ってPMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning:プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング、詳しくはコチラ←虫歯>当該タイトルへアンカーリンク)をします。
クリーニングの際に併せて虫歯チェックも出来るので、痛くなる前に治療ができるのも大きなメリットです。

PAGE TOP